飛行機内のネット環境

利用者のニーズに応える形で、飛行機内は年々ハイテク化が進んでいます。近年世界的に増加しているのが、機内のインターネットにつなげる設備です。エコノミークラスにも導入されており、国内航空会社も力を入れている状況です。 国内外の航空会社とも、ほとんどが衛星によるwifiにつなげています。利用料金の支払い方法は、現時点でクレジットカードに限られています。料金の相場は、1フライトの利用で1,000円程度です。国内の航空会社はまだ全ての飛行機に導入されてはおらず、運行区間が短い距離の飛行機は、まだ使えないことが多いようです。

地上でもインターネットが普及してからの歴史がまだ浅いので、飛行機も進化の途中にあります。電子機器はこれまで離発着時に使用を控えるよう促されてきましたが、だんだんと規制が緩やかになっています。全ての航空会社が緩くしているわけではありませんが、このまま広がっていくことは恐らく間違いないといわれています。

長距離のフライトは時間をどう過ごすかが悩みの種という方も少なくありませんが、今後電子書籍を飛行機内で利用できるようになると見込まれています。このように、さまざまな接続サービスや電子化に航空会社が力を入れていくことでしょう。